W-SCOPEの社名の由来を語る崔社長

「W-SCOPEの社名の由来を語る崔社長」を語る令和の未来カエル氏といった記事です。
崔社長のスピーチの内容の紹介ともに、Wの言語学的な興味や韓国に100年続く2社、崔社長個人依存のリスクなどなど解説しています。

ここ1月ぐらい、ダブル・スコープの株価が順調ですが、ダブル・スコープの崔 元根 (チェ ウォングン)社長のような長期的視点が大事ですね。
株式投資でも、すくなくとも10年間ぐらいの時間軸で、過去の5年程度の期間、未来の5年程度の期間を踏まえて、今の株価が高いか、安いか考えるのが大事だと思っています。

 

ダブル・スコープの長期チャート(期間10年)

ダブル・スコープの長期チャート(期間10年) 


  

 

  の記事に続けて、

[2017年10月18日撮影]ダブル・スコープ(株)(6619) 野村IR合同 個人投資家セミナー - YouTube

にて、ダブル・スコープの崔 元根 (チェ ウォングン)社長が登壇した個人投資家セミナーでの話を紹介します。

▼目次

 

崔 元根 (チェ ウォングン)社長の説明は櫻井英明氏の質問に答えるような形で進めらえれています。 
これから記載する内容は、動画の内容(崔社長の発言)の文字起こしというより、要約であり、一部表現を伝わりやすいように修正しています。

 

櫻井英明氏:1980年明治大学卒。日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。櫻井英明の株式透視論2019 など株式投資に関係する著書も多い。


W-SCOPEの社名の由来

櫻井氏:ところで社長、ダブル・スコープ、どうして、名前がダブルスコープなのか
(36分位後)

崔氏:会社設立が日本、韓国同時だった。英語で私たちはWeは、日本語でも私たち(Watashitachi)とWではじまる。韓国語の私たち、私たちはウリで、Wuriと発音するからWで始まる。中国語の私たちは、Women(ウォー)であり、Wで始まる。
Wは私たちを意味する。日本、中国、韓国で私たちがすべてWで表示できる。
一人、一人ができないないビジネスが私たちならできますよ。


SCOPEの意味だが、短期間でなく。。。
韓国には、残念な話だが、100年以上歴史がある会社が2社しかいない。
日本にはたくさんあるし、400年以上歴史がある会社も何社もある。
韓国には100年以上伝統的に安定的に成長できている会社がいままでない。

日本で会社をつくり、日本でいい文化をもって、韓国の熱意、急成長できるやる気をいれてダブル・スコープは未来のある100年以上歴史をもっている会社をつくりたい。

SCOPEは、もっと未来、100年以上先の未来を見ながら、ビジネスをやってください、今は私が社長だが、次の社長もあの(このといった意味か)フィロソフィー、価値観をもって一緒にやっていきましょう。その意味で、ダブル・スコープと名付けました。

SCOPEの意味は、短期的な目標でなく、長期的な目標をもちたいという意味である。

 

言語学的な興味深さ

ここからは、自分の解説、感想です。


社名のW(ダブル)の由来は興味深いです。労働(ロウドウ)とLabor(レイバー)など、火(ヒ)とFire(フィイア)など、日本語(中国語)と英語と発音が似ている言葉はいくつかあり、ユーラシア大陸の東と西でも、語源は同じかもしれれないと言われている言葉がいくつかあることを思いだしました。

そういえば、日本は昔、中国から「倭」「和」WAと呼ばれていましてたが、倭(WA)という国名(地域名)も、
中国人「お前は誰だ」
日本人「わし(われ)はここに住む人間だ。お前こそだれだ」みたいな会話があって
中国人は、「あいつらはわし(われ)か。倭(WA)とよぼう」みたいに、倭(WA)と名付けなのもかもしれないと妄想してしましました。

韓国の100年続く2社とは

韓国の100年続く2社とはどこでしょうか。崔社長は名前を挙げていませんが、
おそらく、斗山と同和薬品を指しているのではないのかと思います。

斗山は、斗山重工業を中核とする韓国の重工業を中心とした企業グループで
1896年に漢城の商業地区(現在の鍾路4街)で、繊維貿易商だった朴承稷(パク・スンジク)が朝鮮でも最初期の近代的商店を開いたことが始まりであり、韓国の財閥(チェボル)の中でも古い歴史を持っています。

和薬品は、1897年に ミン・ビョンホは長男のミンガンとともに同和薬品の前身である「同和薬房」を創設し、「活命水」(現在でも販売されている消化薬)など製造、販売してはじまった。同和薬品は現在、「活命水」の他にも、医薬品約400種と医薬品原料約30種を生産し、国内供給だけでなく、世界約30カ国に輸出している韓国の大手製薬会社です。

斗山グループの中核斗山重工業、同和薬品どちらも韓国の株式市場に上場しています。

崔社長個人に依存するリスクは

有価証券報告書 (2020年12月期)の「事業等のリスク」に

特定の人物のリスク
 当グループの取締役はそれぞれ、経営、技術開発、マーケティング、営業戦略、製造戦略等当社グループの業務に関して、専門的な知識・技術を有し重要な役割を果たしています。これらの者が当社を退職した場合や、病気等の事情で業務遂行が困難となった場合、後任者の専任に深刻な問題に直面する可能性があり、当社グループの事業展開及び経営成績に重要な影響が生じる可能性があります。

といった記載があります。

創業者が社長を務めるような会社だと珍しくないと思われる記載ですが、崔社長個人への依存度が高い会社というイメージが確かにあります。個人に依存しているという意味で、有価証券報告書では、崔社長個人が連帯保証人になって融資を受けていることも記載されているのみ目が引きました。


崔社長が退職した場合や、病気等の事情で業務遂行が困難となった場合、後任者の専任に深刻な問題が発生するでしょう。

ただ、崔社長が「100年続く会社」、「次の社長も」と発言をしており、自分が去った後のダブル・スコープを意識して経営しているようで安心しました。

 

続きは↓をご参照ください。

 

日本の100年企業、1000年企業の紹介

崔社長の発言の通り、日本には100年以上歴史をもつ企業も多く、1000年 以上歴史も持つ会社も数社あります。

そんな会社を紹介した書籍を4つほど紹介します。

 

 

 

 

 

以上です。

 
銘柄メモ ダブル・スコープ,旭化成,東レ
6619,3407,3407

タグメモ ダブル・スコープ,ダブルスコープ,W-SCOPE,Wスコープ,崔元根,100年企業,1000年企業,長寿企業,メンベレンフィルム,セパレーター,W-SCOPE,WSCOPE,ダブルスコープ,ダブル・スコープ