読書録

第2章 モバイル用電池の明暗-『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要約、所感、関連する話題など紹介したいと思います。今回は「第2章 モバイル用電池の明暗」についてです。

-第1章 日本の牙城-『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要約、所感、関連する話題など紹介したいと思います。今回は「第1章 日本の牙城」についてです。

『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』-まえがき-を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要約、所感、関連する話題など紹介したいと思います。今回は「まえがき」についてです。

高度情報技術者試験の午前問題(午前1と午前2の選択問題)で問われる開発手法のポイント

■はじめに ■テストの種類 ■信頼性設計 ■開発手法の用語 ■参考書籍 ■関連ブログ ■はじめに IPA(情報処理推進機構)が実施している高度情報処理技術者試験※で問われる午前問題(午前1と午前2の選択問題)で問われるセキュリティ技術のポイントをまとめみま…

高度情報技術者試験の午前問題(午前1と午前2の選択問題)で問われるセキュリティ技術のポイント

■はじめに ■セキュリティ対策組織 ■プログラムの脆弱性対策 ■デジタル証明書を用いた認証方式 ■システムに対する攻撃手法 ■セキュリティ通信の方式 ■セキュリティ用語 ■SSL ■TSL ■メールサーバー(SMTP)の不正利用防止 ■参考書籍 ■関連ブログ ■はじめに IPA…

韓国財閥の漢拏(ハンラ)グループと自動車のバッテリーが車体になるという話

W-SCOPEの韓国子会社W-SCOPE CHUNGJU PLANT CO., LTD.(以下、WCP)の株式譲渡のプレスリリース(2021年9月)で発表されましたが、 WCPの10%以上(約11%)株式を所有することとなったNext Level Co., Ltd.、Next Level Co., Ltd.が属する漢拏(ハルラ)グル…

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダの午後Ⅱ演習 (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の第1章)

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダのの午後Ⅱ演習 IPA公表の出題趣旨 問 システム開発プロジェクトにおける非機能的要件に関する関係部門との連携について 設問ア あなたが携わったシステム開発プロジェクトの特徴、代表的な非機能的要件の概要、並…

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダの午後Ⅰ演習 (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の第1章)

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダのの午後Ⅰ演習 問題文 設問1〔ステークホルダ登記簿〕の作成について、(1)から(3)に答えよ。 設問2〔コミュニケーションマネジメント計画の作成〕について、(1)、(2)に答えよ。 設問3〔X社の業務範囲の拡大〕…

マストアセット『投資は楽な仕事じゃない』W-SCOPEの筆頭株主

今まで筆頭株主だったW-SCOPE 崔元根社長を超えて、筆頭株主になったMust Asset Management Inc(マストアセットマネジメントインク) 『投資には、持続可能な不労所得はない』をモットーに掲げる プライベートファンドです。)の紹介です。ダブルスコープへ…

2021年12月期中間決算後のW-SCOPEの株価の行方

2021年12月期中間決算後のW-SCOPEの株価の行方やダブルスコープの増資を引き受けたマッコリー銀行とマッコリとの関係など解説しています。

もしW-SCOPEのIRマネージャーが新興SasS企業の『決算説明資料』を読んだら

もしW-SCOPEのIRマネージャーが新興SaaS企業(マネーフォワード)の『決算説明資料』を読んだら、改善してほしいと思う点や新興SaaS企業(マネーフォワード)とダブルスコープの比較やIRの仕事について解説しています。

夢の全固体電池は夢で終わるか(注目すべきは全固体電池より鉛蓄電池かも)

『セパレータが不要な全固体電池が普及したら、ダブル・スコープやばくない。』みたいな心配が多いので、『夢の全固体電池は夢で終わるだろう』という話をします。

特許侵害で旭化成に訴えられたダブル・スコープに余裕を感じる(ダブル・スコープは下町セパレータではない)

ダブル・スコープは、旭化成から特許侵害で訴訟を提起され、係争中ですが、このリスクはどの程度重くみるべきでしょうか。 ダブルスコープにとって、今回の特許裁判は、たとえ、敗訴しても経営、事業に大きな実害がないようです。

ギガフォトン(コマツ子会社)の企業価値は1兆円を超えるか(レーザーテック・JCRファーマと比較して)

レーザーテック、JCRファーマの時価総額を参考に、ギガフォトンの企業価値を計算(想像といっていいレベルかも)をしたら、約4700億円から1兆2900億円ぐらい。 コマツの株価にギガフォトンの企業価値は反映されいるか疑問。

日本の製造業で最高の営業利益率の高収益企業は栃木県にあった(コマツ子会社 ギガフォトン)

コマツの子会社 ギガフォトンの決算(収益性の高さ)を紹介しています。 ---- ギガフォトンは、就職四季報 優良・中堅企業版 の有給休暇取得ベスト100にもランキングされたホワイト企業で、25%を超える営業利益率は製造設備を持つ製造業でトップだろう。 --…

黒字転換2倍株で勝つ投資術からの銘柄紹介

馬渕 磨理子氏の著書「5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術」とともに、黒字転換2倍額候補、 アライドアーキテクツ (6081)KYB (7242)ヒーハイスト(6433)RobotHome(1435)ダブル・スコープ (6619)を紹介しています。

増資を繰り返したダブル・スコープ!増資時の発行価格より安い今の株価は、買いかも!

結論からいうと、『増資できた会社は成長する。ダブル・スコープは、増資時の発行価格より安い今の株価は、買いかも。』という話です。テスラ(TSLA)が2010年から2014年上半期までで3回も増資をし、増資後、株価が大幅に上昇したように、ダブルスコープの株…

ダブル・スコープの創業者で筆頭株主の現社長が、保有株を一株も売却しない理由

結論からいうと、創業者でもある代表取締役社長の崔元根(チェ ウォングン)氏は、持株比率9.42%の筆頭株主で、かつ、保有株を一株も売っていないから、株価上昇が期待できるかもという話です。 オーナー経営者が筆頭株主で過去5年でテンバーガー達成した会…

タイヨウ系ファンドがダブル・スコープ投資やめたってよ

今まで筆頭株主だったW-SCOPE 崔元根社長を超えて、筆頭株主になったMust Asset Management Inc(マストアセットマネジメントインク) 『投資には、持続可能な不労所得はない』をモットーに掲げる プライベートファンドです。)の紹介です。ダブルスコープへ…

1年の休日は1日だけ!激務のサムスン電子で鍛えられた社長 崔 元根氏が率いるダブル・スコープは第二のサムソン電子になれるのか

ダブルスコープ株式会社(英語名:W-SCOPE Corporation)の株価は、ここ数年さえません。私はサムスン電子出身というダブルスコープの経営者の経歴から、期待しています。 ただ、ダブルスコープの製品は、リチウムイオン電池の素材(セパレータ)で、日本企…

投資対象としての本について-東京エレクトロンは株価だけでなく、その創業者についてのノンフィクション本も10倍以上

投資対象としての本についての話です。 東京エレクトロンは株価だけでなく、その創業者についてのノンフィクション本『異端の男とその一族―火の玉集団・東京エレクトロンの奇跡 』も10倍以上になっています。

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダのポイント (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の第1章)

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダのポイント 1. ステークホルダ 1.1 基礎知識の確認 1.1.1 要員数の計算 1.1.2 プロジェクト体制 1.1.3 責任分担マトリックス 1.1.4 要員管理 1.2 午前Ⅱ 章別の対策 1.3 午後Ⅰ 章別の対策 1.4 午後Ⅱ 章別の対策 ■…

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダに関する午後Ⅰ演習問題 (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の第1章)

プロジェクトマネージャ試験のステークホルダに関する午後Ⅰ問題の例 - 平成30年度(2018年度) 問3 設問1 ステークホルダ登記簿の作成について、(1)から(3)に答えよ。 設問2 〔コミュニケーションマネジメント計画の作成〕について、(1)、(2)に答えよ。 設…

プロジェクトマネージャ試験の合格するためにやるべき事 (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の目次と序章)

プロジェクトマネージャ試験の合格するためにやるべき事 目 次 (大目次) 1.学習開始にあたって 2.PMBOKでプロジェクトマネジメントの全体像を押さえるプロジェクト 3.午後Ⅱ(論述式)対策 3-1 初めての論文 3-1-1 論述試験の全体イメージ 3-1-2 合格…

プロジェクトマネージャ試験の受験勉強のアウトプット (情報処理教科書 プロジェクトマネージャITのプロ46 (著), 三好 康之 (著)の目次と序章)

勉強のアウトプットしてのブログ 目 次 (大目次) 序 章 合格するためにやるべき事 第2章 ステークホルダ 第3章 リスク 第4章 コスト・マネジメント 第5章 ステークホルダ 第6章 調 達 第7章 変更管理と完了報告 第8章 付録 勉強のアウトプットして…

橋本龍太郎内閣の緊縮財政で日本は長いデフレになった。

経済で読み解く日本史 平成時代 (上念 司著)で振り返る 平成。 橋本龍太郎内閣の緊縮財政で日本は長いデフレ不況に。人気、支持率の高い政治家は、なぜか緊縮財政が好き。 日銀、財務省と交互に政策の失敗を繰り返し、長いデフレ不況になったのが平成の特…

「日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用」を読んで(なぜ人事データの活用が必要か)

なぜ人事データの活用の必要性を グーグル(Google)社の事例で説明したり、人事データの活用のために必要なことなどの紹介です。

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』を読んで

クラッシャーの加害者にも、被害者になりえるので、その対策がわかる本です。 クラッシャーは一種の病気、被害者となった場合も、クラッシャーや自分をあまり責めないほうがいい。

三重野康 日銀総裁の乾いた薪理論で、平成の鬼平が、『日本経済をぶっ壊す!』

経済で読み解く日本史 平成時代 (上念 司著)で振り返る 。 三重野康 日銀総裁の乾いた薪理論で、『平成の鬼平が日本経済をぶっ壊す!』 という話。マスコミから賞賛されている人は本当に注意したい。

経済で読み解く日本史 (上念 司著)で振り返る 平成時代 - 大蔵省 総量規制の失敗から政治家にも心理的安全性が必要かも-

経済で読み解く日本史 (上念 司著)で振り返る 平成時代 -バブル景気時の 大蔵省 総量規制の失敗から、政治家にも心理的安全性が必要かもと思った話です。