W-SCOPE

ロシアのウクライナ侵攻の停戦時期・条件についてプーチン ロシア大統領演説や冬戦争(ソ連・フィンランド戦争)から考える

ロシアのウクライナ侵攻の停戦時期・条件についてプーチン ロシア大統領演説や冬戦争(ソ連・フィンランド戦争)から考えてみたブログ記事です。

ウクライナ侵攻直前(2022年2月24日)のプーチン ロシア大統領演説全文

2022年2月24日にロシアがウクライナを侵攻。侵攻直前に、ロシアの国営テレビはプーチン大統領の国民向けの演説を放送しました。その全文をブログに転記しています。

旭化成とW-SCOPEの中国の特許裁判

旭化成とダブルスコープ(正確には中国の代理店)との特許裁判について、特許の内容や時系列をまとめて、今後の展開を考えたブログ記事です。

ロシアのウクライナ侵攻とW-SCOPEの今後の株価など

ロシアのウクライナ侵攻について、世界経済、ダブルスコープへの影響、今後の株価などを考えたブログ記事です。

マストアセットがW-SCOPE株を売る理由(2022年2月25日付保有株式変更報告書より)

2022年2月25日付の大量保有株式変更報告書より、マストアセットがW-SCOPE株を売った価格、株数を調べ、その理由を推測しているブログ記事です。 マストアセットの新しい投資先のランサーズについても紹介しています。

W-SCOPE-2021年12月期通期決算説明会の文字起こし

2022年2月16日に実施された2021年12月期ダブルスコープ通期決算説明会の内容を、いわゆる文字起こしという形で、文章にして紹介します。動画の内容も文章で読むと、新たな気づきもあると思います。

旭化成がW-SCOPEを訴えた特許の内容

旭化成がダブルスコープを訴えた特許の内容を調べてみたブログ記事です。 韓国特許の調査方法、パラメーター特許、トマトジュース特許裁判の説明などもしています。

W-SCOPEの2021年決算後の株価(上昇期間、上値目途、買い時や売り時)

2020年2月の業績上方修正や決算発表の後、ダブルスコープ(6619)の株価が、急上昇してます。今後の株価(上昇期間、上値目途、買い時や売り時)を考えたブログ記事です。

旭化成の歴史・セパレーターの事業(売上・シェア)

旭化成の歴史・セパレーターの事業(売上・シェア)について調べたブログ記事です。SKEITの売上、シェアから、W-SCOPEのシェアも試算しています。

W-SCOPEの2021年度通期決算と今後の株価について(速報版)

ダブルスコープ(6619 )の 2021年12月期通期決算と今後の株価について、考えたこと、気になった点を簡単にまとめてみました(速報版)。 結論から言うと『今期4Qは好調だが、来期はやや失速』と思わせるような物足りなさを感じる業績予想のように思えました…

W-SCOPE 決算前の株価傾向

ダブルスコープ(6619)の『いい決算の前は株価が下がり、悪い決算の前は株価が上がる説』が本当か検証したブログ記事です。

W-SCOPEの2021年12月期業績予想の修正(2022/2/10付)

ダブルスコープ(6619)の『2021 年 12 月期通期連結業績予想の修正(2022年 2月10日付)』に決算直前に開示した理由や株価への影響などについて考察したブログ記事です。

第6章 定置型蓄電池の幕開け-『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要点、所感など紹介したいと思います。今回は「第6章 定置型蓄電池の幕開け」についてです。 拡大する定置型蓄電池(ESS)の市場、その参入企業、ダブルスコープの新製品の情報など記載して…

W-SCOPEに1月効果はあるか

今年2022年の1月は月間8.5%上昇したダブルスコープ(6619)に、「1月相場が強いとその年の株価は上昇する」(1月効果)というアノマリーが通用するのか検証したブログ記事です。

WCP転換社債でテンバガー達成したNOH & PARTNERSの投資戦略

W-SCOPEの韓国子会社W-SCOPE CHUNGJU PLANT CO., LTD.(以下、WCP)の転換社債投資でテンバガー達成したNOH & PARTNERSについて調べた内容(NOHの由来や投資戦略など)を紹介するブログ記事です。

サムスンSDIとW-SCOPEの株価の動き

サムスンSDI(SAMSUNG SDI)の決算発表(2021年12月期)について調べました(翻訳した?)。そのついでに、1年間、5年間のサムスンSDIとW-SCOPEの株価の動きを比較してみました。

サムスンSDI(W-SCOPEの主要販売先)の2021年度通期決算の紹介

ダブル・スコープの売上の7割から8割を占めるサムスンSDIの2021年度通期決算を日本語に翻訳(画像は原文が韓国語の決算説明資料を翻訳)してみました。サムスンのSDIの堅調な業績が確認できると思います。

第5章 車載用電池の攻防-『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要約、所感など紹介したいと思います。今回は「第5章 車載用電池の攻防」についてです。ソニー、アップルのEV製造が予想されるマグナ社(トヨタ、デンソーのライバルになるかもしれない会社…

W-SCOPEの株価の下値(上昇余地)-上場予定のWCPの時価総額から

WCP(W-SCOPEの韓国子会社)の上場後の時価総額から、親の時価総額を超える上場子会社を持つGMB(7214)やパソナグループ(2168)の事例を参考に、W-SCOPE(6619)の下値(上昇余地)を考えたブログ記事です。

創業者で社長 崔元根氏の星座、年齢からW-SCOPEの2022年を考えてみた

創業者で社長の崔元根氏の星座、年齢からダブル・スコープ<6619>の2022年を考えてみたブログ記事です。キーエンス創業者で現在は取締役名誉会長の 滝崎 武光氏との共通点も紹介しています。

W-SCOPE 2022年1月7日の大陽線は上昇シグナルか

W-SCOPE(6619)の2022年1月7日の窓を開けての大陽線(+89円 +11.76% 終値757→846円と大幅に上昇)をつけましたが、移動平均線の位置やトレンドから考えて、チャート的(テクニカル的)に上昇シグナルか考えた内容を紹介するブログ記事です。

W-SCOPEの1月7日の窓を開けての大陽線

W-SCOPE(6619)の1月7日の窓を開けての大陽線(+89円 +11.76% 終値757→846円と大幅に上昇)について、解説しているブログ記事です。

W-SCOPEはSell in early July!

ダブルスコープ(6619)はどの月に売って、どの月に買うのがいいのか、調べてみました。 Sell in ealy July, Don't come back unitl early September! 7月上旬に売って、9月上旬まで戻ってくるな。 というアノマリーがありそうです。

W-SCOPE 決算後の株価の動き

ダブル・スコープ(6619)の決算前、決算翌日、1週間後、1か月後の株価の動きについて、調べた内容を紹介しているブログ記事です。 決算が悪い場合、いい場合の投資の参考になれば幸いです ダブル・スコープ(6619)の決算前、決算翌日、1週間後、1か月後の…

W-SCOPE 2021年12月期第3四半期決算のプラス面とマイナス面

ダブル・スコープ(6619)の 2021年12月度3Q決算について、プラス面、マイナス面を考えてみました。限界利益率を参考に、売上とともに増える営業利益(率)も予想しています。

第4章 中国市場の変化と欧米、インド-『電池の覇者 EVの命運を決する戦い』を読んで

電池の覇者 EVの命運を決する戦い | 佐藤 登 著 を読みました。その要約、所感、関連する銘柄など紹介したいと思います。今回は「第4章 中国市場の変化と欧米、インド」についてです。EV化に伴う石炭火力発電のリプレース、EV用電池の安く生産技術で注目され…

W-SCOPEの2021年12月期第3四半期決算説明会の文字起こし(後半の通期見通し説明)

2021年11月16日に実施された2021年12月期第3四半期決算説明会(後半の通期見通し説明)の内容を、いわゆる文字起こしという形で、文章にした内容を紹介します。動画の内容を文章で読むと、新たな気づきもあると思います。

W-SCOPEの2021年12月期第3四半期決算説明会の文字起こし(前半の実績説明)

2021年11月16日に実施された2021年12月期第3四半期決算説明会(前半の実績部分)の内容を、いわゆる文字起こしという形で、文章にした内容を紹介します。動画の内容を文章で読むと、新たな気づきもあると思います。

W-SCOPEの2021年度3Q決算と今後の株価について(速報版)

ダブル・スコープの 2021年12月度3Q決算と今後の株価について、私の考えを簡単にまとめてみました(速報版)。

W-SCOPEの2021年度3Q決算後の株価の行方-信用倍率から考える-

2021年度3Q決算発表日が変わり、予想外の株価下落(翌日の株価は急回復)が発生したので、業績発表後の株価の予想を改めたいと思います。 信用倍率からみると、ダブル・スコープの業績はそれほど期待されていないみたいで、決算発表後に大きく下げることも…